Notice: YARPP_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています。代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3894

Notice: convert_to_screen(), add_meta_box() が誤って呼び出されました。Likely direct inclusion of wp-admin/includes/template.php in order to use add_meta_box(). This is very wrong. Hook the add_meta_box() call into the add_meta_boxes action instead. 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3.0 で追加されました) in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 4139

Notice: convert_to_screen(), add_meta_box() が誤って呼び出されました。Likely direct inclusion of wp-admin/includes/template.php in order to use add_meta_box(). This is very wrong. Hook the add_meta_box() call into the add_meta_boxes action instead. 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3.0 で追加されました) in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 4139
引き直していませんか?おみくじの正しい引き方案内 | cielostyle
Notice: get_currentuserinfo の使用はバージョン 4.5.0 から非推奨になっています! 代わりに wp_get_current_user() を使ってください。 in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3831

日々の生活にワンランク上のハッピーをお届けするWEBマガジン「シエロスタイル」
HOME >  コラム > 引き直していませんか?おみくじの正しい引き方案内

引き直していませんか?おみくじの正しい引き方案内

2014年11月12日
コラム,占いプチコラム


Notice: is_comments_popup の使用はバージョン 4.5.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3834


 

神社に参拝すると、必ずと言っていいほど『おみくじ』を引く方いらっしゃいませんか?

 

なんとなく自分の運勢が気になってしまって軽い気持ちで引くものの、凶が出てしまって落ち込んだり…

おみくじを引くか引かないか自体は個人の自由ですから何の問題もありませんが、おみくじって本来どんなものなの…?

そもそも引きまくってもいいものなの…?

今までそんなことは気にせずに引いてきた方のために、おみくじについて調べてみました。

 

 

 

おみくじを引くための正しい作法

まずは吉凶の順番ですが「大吉→中吉→小吉→吉→末吉→凶→大凶」というのが一般的です。

 

吉のポジションをを勘違いしている方も意外といるようなので、ここでしっかりおさらいしましょう。

そしておみくじの吉凶は、運勢よりも願いが成就しやすいか否かを示しています。

 

次におみくじは、お守りとして有効なのかどうかです。

おみくじは神様からのお言葉ですから、それ自体がお守りではありません。

結果の善し悪しにかかわらず、基本は境内の”おみくじ結び所”など、決められた場所に結びましょう

しかし、いいことが書いてあった場合や悪い結果でも、教訓や戒めとするために持ち歩くのはOKです

持ち歩く必要がなくなったら、神社やお寺に感謝の気持ちとともに収めましょう。

 

そして最後に、おみくじは願いが叶うかどうかを判断するものなので、思いをこめて引いてください。

凶などが出たからといって、何度も引きなおすのはNGです。

ありのままの神様のお告げを受け止めなくてはいけませんよ。