Notice: YARPP_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています。代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3893

Notice: convert_to_screen(), add_meta_box() が誤って呼び出されました。Likely direct inclusion of wp-admin/includes/template.php in order to use add_meta_box(). This is very wrong. Hook the add_meta_box() call into the add_meta_boxes action instead. 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3.0 で追加されました) in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 4138

Notice: convert_to_screen(), add_meta_box() が誤って呼び出されました。Likely direct inclusion of wp-admin/includes/template.php in order to use add_meta_box(). This is very wrong. Hook the add_meta_box() call into the add_meta_boxes action instead. 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3.0 で追加されました) in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 4138
めでたいときはなぜ赤飯? | cielostyle
Notice: get_currentuserinfo の使用はバージョン 4.5.0 から非推奨になっています! 代わりに wp_get_current_user() を使ってください。 in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3830

日々の生活にワンランク上のハッピーをお届けするWEBマガジン「シエロスタイル」
HOME >  コラム > めでたいときはなぜ赤飯?

めでたいときはなぜ赤飯?

2014年10月3日
コラム,占いプチコラム


Notice: is_comments_popup の使用はバージョン 4.5.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 in /home/mojitark/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3833


 

結婚式の披露宴や、お祭り、受験に合格したときなど、おめでたい時に食べる赤飯

めでたいことがあったときに、「今日の夕飯はお赤飯ね!」とお母さんが言うシーンは、ドラマやアニメでもよく見かけますよね。

 

日常生活でも、食卓に赤飯が出ると「今日は何か良いことがあったか?」とついつい考えてしまいます。

試合前にはカツ丼、大晦日には年越しそばと、縁起をかつぐことが大好きな日本人

他にも鯛の尾頭付きや餅つきなど、縁起の良いと言われる食べ物はたくさんあります。

ですが、なぜおめでたい時に「赤飯」なのでしょうか?

今回は「どうしてめでたいときに赤飯を食べるのか?」を調べてみました。

 

めでたいときはなぜ赤飯?

赤飯は、もともとは強飯(こわめし)という神前に供えるご飯のことでした。

そのご飯が赤味がかっていたことが、赤飯の名前の由来です。

日本人ははるか昔、米を食べるときはお粥にしていました。

中国から「こしき(米などの蒸し器)」が伝わって、ようやく蒸して食べるようになったんです。

それでも最初のころは、蒸かしたお米は強飯と呼ばれ、めでたい席でしか食することはありませんでした。

また、昔から赤色は太陽や火という意味から縁起が良いと言われていたので、食べるものも縁起をかついで赤くしようという考え方もあり、

その強飯を小豆と一緒に炊いて赤味をつけていました。

それが「赤飯」の源になります。

 

 

さて、次に赤飯を食べるのはいつのことになるのでしょうか?

popular人気記事

Sorry. No data so far.